人のためになる仕事

マッサージを受ける

理学療法士の仕事とは何か

骨折や病気の後遺症のために、基本的な動作をすることが出来なくなってしまった人は病院でリハビリを受けることになります。リハビリを受けることで機能を回復することが可能となるのです。 起きるや寝転がる、立つ、歩くなどの基本的な動作のリハビリを行うのが理学療法士の資格を持った人となるのです。 理学療法士になるには、大学や短大、専門学校などで最低でも3年以上在籍し勉強をする必要があります。これらの学校を卒業してはじめて理学療法士になるための国家試験の受験資格を得ることができるのです。 理学療法士の国家試験に合格してはじめて、人の動作訓練やリハビリの専門家として働くことができるのです。資格取得後は、病院内や介護施設、スポーツチームの専属としても働くことができます。

資格をとるための専門学校について

理学療法士になるには、厚生労働省指定の養成校である大学や短大、専門学校に入学しなくてはなりません。 理学療法士の専門学校の特徴は、運動機能の回復を専門として勉強をすることができます。 専門学校には、昼間部と夜間部があるので仕事をしながらでも通うことができます。 昼間部でも夜間部でもしっかりとしたカリキュラムを組んでいます。特に、夜間部の場合は、昼間部に比べて時間が足りないというデメリットがありますが、その分集中して学ぶことができるようなカリキュラムになっているのです。 どちらも年代を超えて合同授業を行い、実際の現場で役に立つ即戦力を身に着けることが可能となります。 専門学校を選ぶ場合には、国家試験の合格実績があり、多くの卒業生を輩出している学校を選ぶとよいでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加